就任祝いとは

就任祝いとは会社の社長や取締役、内閣総理大臣や各省庁の大臣等に就任した方へ贈るお祝いのことです。

一般的には胡蝶蘭を贈る場合が多く大輪という大きめの胡蝶蘭で、3本〜5本程度立っているものを贈ります。
胡蝶蘭はフラワーギフトの中で一番高級は花です。会社のトップ、省庁のトップにふさわしい花です。

就任祝いのマナー

就任祝いは取引先の新社長に贈る大切なお祝いです。送り先に失礼があってはいけないので、選び方、立て札の書き方、贈るタイミングに気をつけて、きちんとマナーを守って就任祝いの花を贈りましょう。

     

当サイトでは就任祝いの花を贈ったことがない方のためにわかりやすくポイントを説明します。

まずは花の選び方ですが、就任祝いといえば胡蝶蘭ですので胡蝶蘭にします。胡蝶蘭の中でも大輪系やミディ系といった様々な 種類がありますが、就任祝いに贈る胡蝶蘭は白の大輪系がいいでしょう!(他の色でもかまいませんが白が無難です)
白の大輪系胡蝶蘭は誠実、清潔なイメージもあり花も大きく長持ちします。就任祝いは白の大輪をまず選んで下さい。

就任祝いガイド